合格おめでとうございます!(サーティファイ 検定試験)

生徒さんが生徒さんがビジネス能力認定サーティファイの検定試験に合格されました!おめでとうございます!

生徒さんがビジネス能力認定サーティファイ Word文書処理技能認定試験3級とExcel®表計算処理技能認定試験3級に合格されました!
おめでとうございます!

合格おめでとうございます!(MOS Word2016)

生徒さんがMOS Word 2016 スペシャリストに合格されました!おめでとうございます!

生徒さんがMOS Word 2016 スペシャリストに合格されました!おめでとうございます!
高校3年生の1学期から通ってきておられました。
この春からは大学生です。
おめでとうございます。

合格おめでとうございます!(MOS Excel2016)

生徒さんがMOS Excel 2016 スペシャリストに合格されました!おめでとうございます!

生徒さんがMOS Excel 2016 スペシャリストに合格されました!おめでとうございます!
高校2年生の4月から通ってきておられました。
この春からは社会人です。
一生懸命繰り返し練習されました。

合格おめでとうございます!

生徒さんがMOS Word 2013 スペシャリストに合格されました!おめでとうございます!

生徒さんがMOS Word 2013 スペシャリストに合格されました!おめでとうございます!
お勤めされながら熱心に学習、模試練習をされました。

Office Online

Office Online(オフィスオンライン)は、マイクロソフトが提供しています。

いつでもどこでも必要なときにOffice を PC や Mac で、タブレットやスマートフォンで、そして Web でも使うことができるサービスです。

Office Online(オフィスオンライン)は、マイクロソフトが提供しています。

いつでもどこでも必要なときにOffice を PC や Mac で、タブレットやスマートフォンで、そして Web でも使うことができるサービスです。

Office Onlineを利用するには?

「Micorsoftアカウント」に登録すること。登録はもちろん無料です。
お使いのパソコンによってはすでにアカウントをおもちの場合も多いと思います。
お使いのパソコンにOfficeソフトがプリインストールされていなくても、また、パッケージ版のOfficeソフトを買う必要もありません。
「Micorsoftアカウント」でサインインします。

office-online

office-online

Microsoftアカウントを取得すれば、「OneDrive」というクラウドストレージが使えるようになります。 (現在の容量は5GB)
Onedrive上にデータを保存しておけば、いつでも、どこでも必要な時に、データを編集できます。

office-online1

Wordを開けてみました。

office-online2

通常のオフィスのWordと比べてみました。

office-online3
office-online2

ファイルの共有も簡単です。

office-online3

もちろん、ExcelやPowerpointも使えます。
興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか?

office-online4

自治会の資料を作りたい

自治会の役員がまわってきた…
今年は役に当たったので、パソコンで案内や回覧を作らないといけない。どうしよう。

自治会の役員がまわってきた…
今年は役に当たったので、パソコンで案内や回覧を作らないといけない。

最近の自治会や町内会の役員さんは大変ですね。

前の役員の方から引き継いだ資料を参考にして作成していくことになりますが、その資料をどう修正、変更すればいいのか教えてほしいんだけど…

そのようなお問い合わせを頂くことがあります。

前の役員さんからデータをUSBなどで頂いておられる方、プリントアウトされた印刷物だけがある方、さまざまです。

ワープロソフト(文章)のワードでは、お知らせや挨拶文の作成
表計算ソフトのエクセルでは、会計報告や表の作成を主に使用します。

パソコンを持っておられない方は、教室のパソコンを使って作成することができます。
ノートパソコンをお持ちの方は持って来て頂いたら、家でも続きにとりかかれます。

ひょっとしたら前回の役員さんが「一太郎」などのワープロソフトを使用されている方もいらっしゃるかもしれません。
そんなときもソフトを持ってなくともファイルを変換することができます。
お気軽にお尋ねください。

受講回数は1回からだけでももちろんOKです。お気軽にお問い合わせください。

無料体験教室実施中(60分間)です。
TEL:079-594-5139

Office2016のライセンスについて

日本マイクロソフトより、Microsoft Officeの最新版Office 2016の発売が開始されました。

日本マイクロソフトより、Microsoft Officeの最新版Office 2016の発売が開始されました。マイクロソフトは個人向けのOfficeのライセンスを従来からの永続型だけでなく、サブスクリプション型としても提供しています。
月額または年額の課金となるサブスクリプション型は、マイクロソフトだけでなく、デザインソフト大手のAdobeも取り組んでいます。

永続ライセンス版

Microsoft Officeのパッケージを購入する方法です。
以前同様、2台のパソコンで使用することができます。新しいパソコンを購入してもそのままライセンスを使用することができますが、Microsoft Officeがバージョンアップしても購入時のバージョンでしか使用することが出来ません。使用できるソフトの種類により購入価格が異なります。
価格は、32,184円~。

サブスクリプション版

「Office 365 solo」で購入する方法です。これが新しい購入方法です。
毎月1,274円を支払い続けることで、常に最新のMicrosoft Officeを2台のパソコンなどにインストールして使うことができます。

家庭向けのOffice製品の比較

office

Office 製品ラインアップはマイクロソフトの公式サイトからご確認下さい。

メジャーバージョンアップを2,3度見送ってもいいと思うのであれば永続ライセンス型がお得ですし、常に最新版を使っていたいと思うのであればサブスクリプション型がお得とも言えます。
これからはソフトの販売方法もだんだんと変化していくのかもしれませんね。

マイクロソフト、IEのサポートを最新版のみに

米マイクロソフトは、Webブラウザ「Internet Explorer(以下、IE)」について、サポートライフサイクルを変更し、各オペレーティングシステム(OS)における最新版のみをサポートすると発表しました。

米マイクロソフトは、Webブラウザ「Internet Explorer(以下、IE)」について、サポートライフサイクルを変更し、各オペレーティングシステム(OS)における最新版のみをサポートすると発表しました。
2016 年 1 月 12 日(米国時間) を過ぎると、使用しているOSでサポートされる最新バージョンのIEだけが技術サポートとセキュリティアップデートを受けられることになります。古いIEは実質サポートされないこととなります。

日本マイクロソフト公式ブログによりますとサポートを受けられるOSとIEのバージョンの組み合わせは以下の表のとおりです。

Windows プラットフォーム  Internet Explorer のバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11

近年、インターネットを通じたセキュリティの脅威は、目まぐるしく高度化しています。マイクロソフトは、Internet Explorer の潜在的脆弱性を積極的に修正していますが、提供当時の環境を前提として開発された古いバージョンの Internet Explorer では、定期的な更新プログラムの適用だけでは対応が難しい点も見られるようになってきました。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポート オプション、またはオンライン テクニカル コンテンツの更新は提供されなくなります。例えば、サポート終了以降に発見された脆弱性に対しても、マイクロソフトから新規にセキュリティ更新プログラム や修正プログラムが提供されることはありません。

最新の IE にすることで、より安全かつ便利にインターネットを利用できるようになります。
まずは、ご自分でお使いのIEのバージョンが何であるかを確認してみてください。
「ヘルプ」の「バージョン情報」から確認することができます。

IE

Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせのページには、最新のIEのダウンロード方法が記載されています。

ウェブブラウザも、IEだけでなく、Chrome、Firefox、Safariなどいろいろなブラウザがあります。
ブックマーク(IEの「お気に入り」)を他のブラウザに引っ越し(インポート)することもできますので、一度どんなものかご覧になってみてはいかがでしょうか。

Google Chrome。軽くてシンプルなブラウザです。ダウンロード先はこちらから。
Mozilla Firefox。こちらも軽くてシンプル。開発者向けのアドオンもたくさんあります。ダウンロード先はこちらから。