マイクロソフト、IEのサポートを最新版のみに

マイクロソフト、IEのサポートを最新版のみに

米マイクロソフトは、Webブラウザ「Internet Explorer(以下、IE)」について、サポートライフサイクルを変更し、各オペレーティングシステム(OS)における最新版のみをサポートすると発表しました。
2016 年 1 月 12 日(米国時間) を過ぎると、使用しているOSでサポートされる最新バージョンのIEだけが技術サポートとセキュリティアップデートを受けられることになります。古いIEは実質サポートされないこととなります。

日本マイクロソフト公式ブログによりますとサポートを受けられるOSとIEのバージョンの組み合わせは以下の表のとおりです。

Windows プラットフォーム  Internet Explorer のバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11

近年、インターネットを通じたセキュリティの脅威は、目まぐるしく高度化しています。マイクロソフトは、Internet Explorer の潜在的脆弱性を積極的に修正していますが、提供当時の環境を前提として開発された古いバージョンの Internet Explorer では、定期的な更新プログラムの適用だけでは対応が難しい点も見られるようになってきました。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポート オプション、またはオンライン テクニカル コンテンツの更新は提供されなくなります。例えば、サポート終了以降に発見された脆弱性に対しても、マイクロソフトから新規にセキュリティ更新プログラム や修正プログラムが提供されることはありません。

最新の IE にすることで、より安全かつ便利にインターネットを利用できるようになります。
まずは、ご自分でお使いのIEのバージョンが何であるかを確認してみてください。
「ヘルプ」の「バージョン情報」から確認することができます。

IE

Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせのページには、最新のIEのダウンロード方法が記載されています。

ウェブブラウザも、IEだけでなく、Chrome、Firefox、Safariなどいろいろなブラウザがあります。
ブックマーク(IEの「お気に入り」)を他のブラウザに引っ越し(インポート)することもできますので、一度どんなものかご覧になってみてはいかがでしょうか。

Google Chrome。軽くてシンプルなブラウザです。ダウンロード先はこちらから。
Mozilla Firefox。こちらも軽くてシンプル。開発者向けのアドオンもたくさんあります。ダウンロード先はこちらから。